未分類

ZOZOTOWN前澤社長のTwitter1億円キャンペーンを考察する

ZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterキャンペーン。

Marketeenメンバーの女子高生、女子大生たちも数多くフォローやリツイートをする前代未聞のキャンペーンとなった。

2019年1月5日から実施したこの企画では

  • Twitterリツイート数の日本記録樹立
  • Twitterリツイート数の正記録樹立

という驚異的な成果をなしとげることとなった。(以下参照)

 

ZOZOTOWNの新春セールが史上最速で取扱高100億円を突破したことを記念し開催したこの企画。

ZOZOTOWNの企画のように見えるが、実際は前澤友作社長のポケットマネーで実施された企画だという。

この企画、実は1億円という費用に対する莫大な効果をあげた企画だったといえる。

宇宙旅行でもその費用対効果の部分で圧倒的に素晴らしいパフォーマンスをおさめた前澤氏だが、今回のキャンペーンの効果を検証していこう。

効果検証

フォロー数

今回のキャンペーンではZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterアカウントにおけるフォロー数が約500万人増加した。

費用対効果としてはその増加数に対して1億円の投資をしたことになる。(実際には応募者対応、当選者対応による100人への連絡などをした人件費的なカウントも多少は必要かもしれない。)

そこで、500万人増加することに対して通常かかる費用の相場を見てみよう。

相場は、業界ナンバーワンというこちらのサイトによると

  • Twitterフォロワー100人購入 4,300円
  • Twitterフォロワー200人購入 8,000円
  • Twitterフォロワー300人購入 12,000円

となっている。

最安単価であるTwitterフォロワー300人購入時の価格である12000円から単価を算出すると

12000円 ÷ 300人 = 40円

Twitterフォロワー1人あたり40円となる。

ここから500万人の増加を乗算すると

40円 × 500万人 = 2億円

となる。

つまり2億円もの価値を1億円の投資で生み出したことになるのだ。

※キャンペーン終了後の2019年1月8日現在、ZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterフォロワー数は10万人単位で減少している。ただし業者からのTwitterフォロワーの購入の場合もフォロワー数減少の可能性がある。今回のZOZOTOWN前澤友作社長の1億円キャンペーンについては、Twitterフォロワー数減少の可能性が高いと言える。が、この考察執筆の時点では減少数が予測できないタイミングなのでピーク時の増加数より若干減算し、500万人の増加として計算した。

※又、今回のZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterキャンペーンでは増加したフォロワーのほとんどが日本人であると推定される。世界的な相場では開発途上国のTwitterフォロワーほど低単価で購入できるようになっており、相場サイトとしては日本人のツイッターフォロワーを購入できるサイトをあげさせていただいた。

リツイート数

今回のキャンペーンではZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterアカウントにおけるリツイート数は約560万回となった。

費用対効果としてはそのリツイート数に対して1億円の投資をしたことになる。(フォロワー数の段でも言及したが、実際には応募者対応、当選者対応による100人への連絡などをした人件費的なカウントも多少は必要かもしれない。)

そこで、560万回のリツイートに対して通常かかる費用の相場を見てみよう。

相場は、リツイートを購入できるこちらのサイトよると

  • Twitterリツイート100件購入 110円
  • Twitterリツイート1000件購入 1,100円
  • Twitterリツイート5000件購入 5,000円

となっている。

最安単価であるTwitterリツイート5000件購入時の価格であ5000円から単価を算出すると

5000円 ÷ 5000件 = 1円

Twitterリツイート1件あたり1円となる。

ここから560万件の増加を乗算すると

1円 × 560万件 = 560万円

となる。

つまりリツイート部分だけでも560万円の価値を生み出したことになるのだ。

 

その他

こういった定量的な結果以外にも、各方面でエンゲージメントの高いフォロワーを生み出す結果となっている。
(ZOZOTOWN前澤友作社長本人へのエンゲージメントが本当に高いがどうかは別として、ここでは今回のZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterフォロワーキャンペーンにおけるエンゲージメントが高いという意味で取り上げる)

こちらのアカウント

アカウント名

「前澤さん100万円ください」

というようにZOZOTOWN前澤友作社長のキャンペーン参加が明らかにわかるようなアカウント名になっている。

また、こちらのアカウントでは

アカウント名

「前澤社長から連絡こなかった松浦」

と、キャンペーン後であるにも関わらずZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterキャンペーンが認知されるようなアカウント名になっている。

これらは、ZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterキャンペーンによりフォロワー数やリツイート数の増加以上の効果があったことを顕著に表している。

Z世代にとっての今回のキャンペーン

 

Marketeenメンバーへの取材をした後に、後日追記します。

 

総評

今回のZOZOTOWN前澤友作社長のツイッター1億円お年玉キャンペーンについては、まとめるとこのような結果となった。

  • フォロワー数の増加で約2億円の価値
  • リツイート数の創出で約560万円の価値
  • 定量面以外でもツイッター上、ならびにリアルのバズにおける前澤社長やZOZOTOWNの認知向上価値

このような価値向上に対して1億円の投資費用というのは非常に高い費用対効果のあるZOZOTOWN前澤友作社長のTwitterキャンペーンだったと言えるのではないだろうか。